--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.0411:28

ほたるいか沖漬け@升亀(神田)

ほたるいか沖漬け@升亀(神田)
時間調整だし、イカゲソとホッピーで1000円くらいでおさめとくか…と思って入って行くものの、なんだかいつも気がつくとなんだかかんだかで紙幣を使っちゃッてる事にあとで気がつくという、ブラックホール大衆酒場、升亀。たぶん原因はですね、「今日は○○がおいしいのよ!」というオバチャンのひと声に笑顔で「うん、ボクそれ食べる!」とか言っちゃってるせいですね。飲み屋の元気なオバチャンは油断禁物ですよ!
でもまあ、この沖漬けも普通にうまかったんで…ね。不味い沖漬けにあたった記憶はないけれど、安居酒屋でよく出て来る醤油と同化しかけたような沖漬けと違って「イカ食ってる」感溢れるビジュアルだしいーんじゃない? 問題はむしろレジに行くまで値段がよく分からなかったことだよね! いやぁ、飲み屋の元気なオバチャンは油断禁物ですよ! この時も、ごらんの結構な盛りだしこれで3杯は飲めるだろうからよしとしたわけですけどね!!!
いや…そもそも時間調整のつもりだったんだし、イカゲソとホッピーで1000円くらいでおさめとくつもりだったのではないか?
まったく、飲み屋の元気なオバチャンは油断禁物ですよ!

そして暫時あって、

「はい、イカゲソおまちどー!(ちょっとサービスしといたわよ)」
そっちもくんのかよ! すいませんナカおかわり!!

繁盛店には商売上手な酒場女の笑顔あり、とはよく言ったもんですが…ほんと飲み屋の元気なオバチャンにも気を許しちゃいけねえ。たまにすげえ不機嫌なまま接客して、そのキャラをイジられたいのかなとおもってイジると本気でキレるしな!
もう大好きです。
スポンサーサイト
2010.10.2805:29

スタミナ@丸健水産(赤羽)

スタミナ@丸健水産(赤羽)
『孤独のグルメ』を読んで、「ゴローさんと同じ店行きたい俺はゴロリアン」というのなら、間違いなくまるます屋に直行すべき。だけれど赤羽という街に興味がわいたのならば、コッチを先に覗くのをおすすめしたい昼酒店。でも、人からオススメされたもののことを、その人と同じくらい好きになれることなんてありえないので参考程度にしてくだ…いやもう面倒だ、俺のいうことなんかに聞く耳持たず、まるます屋行ってろ! 一生行ってろ! ボクもあとで行きますので!!
とりあえず、この丸健の話に戻ろう。ここ、オープン席だらけなんでチラ見だけでもあの独特な空気感もバッチリ、中に飛び込みゃ良くも悪くも大歓待。そのへんは現地のお楽しみ。でまあ、食えば食ったでこんなのお口に入らないよぅサイズのネタですよ。コンビニおでんの味評価が「安くておいしい!」から「うん、なかなか頑張ってる」に変っちゃうくらいうまくて、乙女おでんに感動てな具合なのに100円ちょい。250円発泡酒と一緒に衝動食いしても1000円すら行かずに楽しめるんで、赤羽感覚を味わいたいならコッチが気軽なんじゃないかなーっておもったわけですよ。夜のひっかけ酒はもちろん、お昼のランチにも最適でしょ、たぶん!
さて、そんなわけで俺的キラーメニューがコチラの「スタミナ」(写真)、ニラ風味の効きまくったさつま揚げだ。味はもちろん、ニラ風味の効きまくったさつま揚げの味である。この味を嫌う男はまずいないんじゃないかな。片手に発泡酒、もしくはカップ酒なんて状態ならば特に。
こいつを軸にしたランチセット…ああ、俗に「キ○○○セット」と呼ばれるアレもボンヤリ考えているので、次回は真っ昼間にお邪魔してみましょう。
つづく!
2010.10.1307:40

ハムカツ@富士屋本店(渋谷)

ハムカツ@富士屋本店(渋谷)
ほうれん草そばを食べるつもりで富士そばに入ったが、食券を買う段になって「肉富士」という漢字三文字の力強さに負け、ぽちり。どうにもしまらない食事になってしまったのは昨日の話。その字ヅラだけで、それまで食べたかったものを帳消しにしてしまうパワーを持つメニューは存在する!ボクにとっては「ハムカツ」もそういうもの。富士屋であれば「ハムキャ別」がCPの面で優れているのに、カウンターに小銭を積み上げながら今日も元気よく「ハムカツ!」だ。で、目の前のフライヤーからコイツがリフトアップされて「ヒャッホー!」だ。そんで、コイツが目の前に届いて「あ!」なんだよな。そのなんともいえない時間をせめて、「おやおや、またやっちゃいましたね」なんて優しい言葉で潤して欲しい。そうさ滝口順平に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。