--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.2900:26

ザクザクもち食感オムレット(ヤマザキパン)

ザクザクもち食感オムレット(ヤマザキパン)
ザクザクチョコクレープが近所のコンビニから消えたと思ったら替わりにコイツがやってきた。「ザクザクもち食感」という、それだけ聞いたらまったく想像のつかない商品名。現物を一目見れば「ははーん、これは」と一発で想像のつく味。そう、念願の「バナナ抜きまるごとバナナ」でした!!
抜けたバナナの穴を埋める役割はチョコが担うのかと思いきや、チョコよりもむしろホイップクリームの方がその穴を率先して味覚的&物理的に埋めてしまっているのがらしいところ!!
結論としては、なんだ。
つまり、こういうことだ。
ヤマパンに想像通りのものを食わされると…どうも肩すかしされた感が否めないんだ!!
スポンサーサイト
2010.12.2822:12

五目チャーシュー麺(塩)@かめ福(浦和)

五目チャーシュー麺@かめ福(浦和)
桜花やひょうたんをかたどって切り抜かれた人参がたまんねー中華そば。世間の流行はどうあれ、俺にとってのラーメンはこれ。これしかない!ソトモノに言わせりゃ「昔ながらの」で解決しちゃう味なんですが、チャーシューが暴力的な厚みになったり、ギリギリでシャキシャキなゆで野菜の量が減ったり増えたり、スープの量がなみなみになったりとか、ちょこまか変化はあるんです。7、8年の間をあけるペースで。いまだブレてないのは置いてある漫画が長谷川町子全集しかないこととかじゃないかな。
本日は母子水入らずのお食事でいただいてまいりました。チャーシュー麺をわざわざ頼んでおきながら、「こんなにチャーシューいらない」という身勝手極まりない理由で歯ごたえ系巨大チャーシューをこちらに押し付けるというカーチャン・愛情盛りのテロリズムが発動し、俺のチャーシュー麺は都合9枚のチャーシューが咲き乱れるという事態になりましたがー、そこはそれ。面白かったからありがたくいただきます!
こんな家庭内コントをこの店であと何回やれるかなぁ。
ボクにとってのラーメンは、カーチャンと(生きてたらバーチャンもくわえた3人編成で)食う、ここのラーメン。間違いなくこのラーメンが一番美味いんです。この味、きっと俺だけ美味いんです。「地元で愛される味」なんてもんじゃない、俺にとっては大好きなカーチャンと食うソトメシの味。だから美味いんだな、これは。
というわけでカーチャン、次は俺に払わせろよほんと。

総評としてはあれですよ。「東京じゃやってけない系昔ながらの中華そば」ですねこりゃ!
2010.12.2411:28

ガッツ刺し@居酒屋あすなろ(神田)

ガッツ刺し@居酒屋あすなろ(神田)
どうだいこのルックス、エロいだろ?
臓物食は「見た目がエロければエロいほどウマい」だと思う。
それを教えてくれたのはここかも知れない。
なにせこの部位をこんなに眺める機会に恵まれる飲み屋もないからだ。
そのくらいウマい。化学の力を思い知る味でウマい。
気がつけばこの日もガッツ刺し、そしてもう一つのキラーメニューである「塩キャベツ」しか頼んでいない。もちろんガッツ刺しはおかわり済みである。
ああ、そうこうしているうちに鈍重なオペレーションでスタッフの中国女(la femme chinoise)がガッツ刺しのお皿3枚抱えてこちらに向かってやってくる…
2010.12.2312:39

Cafe Mode アンドーナツ(木村屋總本店)

Cafe Mode アンドーナツ(木村屋總本店)
飲むと満腹中枢が面白いことになってついつい過食してしまう。目の前に明らかに身体に悪くてウマそうなものがある時は特にそうだ。で、飲み過ぎると身体に悪いものが異様においしそうに見えるので買い食いしてまた過食。ボクの場合はひごろの和菓子好きがたたって「あんこ」に異様に反応してしまうのです。まったく、これじゃ太っちまうぜ!
と、いうわけで買ってしまったのがこれよ。
酸化必至の揚げ物の上から粉糖ドッサリ、中には魅惑のあんこ様。
トータルで見て、間違いなく身体に悪い!
でもうまい!
胃が痛い!
お酒は程々にね!!
2010.12.2312:37

海苔トースト@珈琲専門店エース(神田)

海苔トースト@珈琲専門店エース(神田)
海外由来の調味料、特にバターって日本人はそんなにストレートに受け止められない体質なんじゃないだろうかと思う時がある。バターだけで食うよりバター醤油の方がなんかうまいし、じゃがバタの上には塩辛をのせずにはいられない。バターの風味の効きすぎた焼き菓子はうまいんだけど、一個で充分。ヤメられるし止められる。バタートーストもなんか食ってて物足りなくてしょうがない。ついついなにかもう一声と言いたくなる!
はい、海苔トー。
たっぷりバターの薄切りトーストの間に海苔が1枚。
このくみあわせ、いや取り合わせ…意外だろ?
しかしあのなコレうめぇんだわ。
ワケもなくうめぇ。
バターのコッテリ感と塩気を磯の薫りがバッチリフォロー…まったくうまさにつながる連携じゃない!のにうめぇんだわ。もちろんコーヒーと相性がいいのかどうかはギモンというか、個人的にはまったくかみ合っていないとさえ思うのだが、コイツ食って満足、うまいコーヒーは別腹で満足してるんだからお腹いっぱいで幸せじゃないか。朝はみそ汁じゃないと駄目なお父さんが、子供のパン食に合わせてパンとみそ汁で妥協する朝メシのような取り合わせかな!って言ってもまったくうまそうに聞こえないんだよね…。あーもーいいだろボクがうめぇと思ってんだからよこの野郎!!
俺以外の奴のことをどうなじろうと構わない、だがしかし海苔トーストをバカにするやつは許さん!
2010.12.2100:54

九穀雑穀ととろろの豆乳ぞうすい@大戸屋

九穀雑穀ととろろの豆乳ぞうすい@大戸屋
大衆酒場だとか、チェーンでいったら居酒屋かあさんだとか、カーチャン店員がいる店が大好き。そんなかの一つが大戸屋なわけで。昔はチキンかあさん煮定食が定番だったんですが、最近はこれ。豆乳のコッテリ感がマジウマ。鶏肉はじめ、具の大きさも「そうだよ、この大きさから食べごたえ感じはじめんだよ!」という絶妙サイズ。配膳時にカーチャンが土鍋のふたを開けてくれるサービスも込みでマジウマ。

ただ、一つ個人的に問題があるにはあるんだ。それが量。
ちょっと…ちょっとだけ多いんだよねカーチャン!
これがアナタの愛ですか!
「いっぱい食べて栄養つけなきゃ駄目よ」というメッセージですか!
うれしいや、いただきます!!

でまあ、いつも超満腹ですわい。問題です。
2010.12.2100:06

米パンスナック(ヤマザキパン)

米パンスナック(ヤマザキパン)
眠いのに起きて仕事という、ボクがこの世で最も嫌な「自分の理想の時間割を踏みにじられる」という時期でございまして。そういう時にやる気フードとして摂取するものは様々。ようかんでキマるときもあれば、ホイップタイプのピーナツバターの時もあるわけで。で、この年末、おおいにボクのやる気を奮わせてくれたのがこれ。
コンビニに行くと菓子パン→スイーツ→カップ麺→スナック菓子の順でチェックする習性をもつボクですが、だいたいカロリー表示を見て「ひ、ヒィー」となって(ヤマパンの場合は「さっすが~!」。もちろん高カロリーなほど)たじろいでしまうのです。そのたじろぎにも負けず買ってしまったのが運のつき。
・さくさくしている
・他に形容しがたいフレーバーまじり
・粉まみれ
ハッピーターンがこれ系なんですが、それを超えた。
どう超えたか?
コッチの方がうめぇって思ったからそれでいいんですよ、それで。
やる気出るときに心の中でダダーッて階段駆け上りながらズバーンッて破れる扉の枚数がコッチの方が多い。
やる気ださせすぎ。やる気センセーション。
ヤマパンはスナック菓子作ってもうめぇよ、うますぎんだよ!!
2010.12.1411:11

スタミナうどん@かるかや(池袋)

スタミナうどん@かるかや(池袋)
デパート屋上にはスンゲー広い空がある。その下で食うメシはなんであろうとウマいもの。
イケセイの屋上だったら、まず間違いなくかるかやで決まり!
孤独なグルメでゴロリアンなボクらなら、青空をおかずに月見おろしをキメちゃいた~い!

しかし、「スタミナ」を冠するメニューがあるなら話は別。
体組織の10%はスタミナラーメンで作られている北浦和人にとって、スタミナはなによりも優先されるもの、ゴローサンとは違う道を進んだボクを誰も責められまいて…
で、この「スタミナうどん」ですけどね。とりあえず、何が乗っかっているかわかりやすい写真にはなっていると思いますが、乗っかっている品目通りの味わいです。おいしいんだなーこれが。本当にここで食うとおいしい。

家はなくても心強い仲間がいる、そんな人生の先輩達がパラソルの下で紙コップを傾ける。
ドラマの中でよく見た落ちこぼれ部署の面々なのだろう、さきいかの大袋で大量の発泡酒を開けて行くスーツ姿の老若男女が抜けるような笑顔を見せる。
お弁当を目の前に膝をついてうつむく手ぶらなお母さんはまだ動かない。

デパートの屋上はおわってる!
うどんおいしい、うどんおいしいです!!
2010.12.1315:47

ラフティーそば@沖縄そば やんばる(新宿)

ラフティーそば@沖縄そば やんばる(新宿)
〆の一杯として、その昔から愛用していたのがコチラ。さっと入ってカウンターでさくっと食ってスススと出てもよし。さっと入ってカウンターで軽く飲み直していてもよし。すぐ近くには桂花もあるんですが、記憶をよく掘り起こすとターロー屋にまつわる思い出は10代の頃のものばかり。お酒をたしなむようになってからは完全にやんばる。これが本当にパキッと切り替わりました、不思議なことに。でまあ、近くを通りかかることがあったんで、しらふで入って食って参りましたよ。しらふでお昼からやんばるだなんてハジメテ!ドキドキ!!
で、納得。
まず麺固め。だからゆっくりダラダラ食っててちょうどいい。で、具も好み。沖縄そばは紅しょうがとネギだけでいい派なのでかなり理想型。角煮は味変にも使えるし、酩酊してたらなんだかバクバク食いそう。でまあテーブルのショウガがまたジャンクな味で素晴らしい。間違いなく個人的新宿路麺トップランク!
オススメです!
うまいですよ、日清のどん兵衛みたいな味がして!!
2010.12.0822:50

手羽先餃子@チョップスティックス(高円寺)

手羽先餃子@チョップスティックス(高円寺)

見るからにパリパリしてそうな鳥皮のパリパリぶり、これは貴重な食感ですよ!

…と、いうわけで居酒屋とかで大根おろしとかツユとかでヒタヒタにされた鳥皮揚げを見ると呪いたくなる身にとっては、こいつはいい鳥皮だったわけですよ。ほんとパリパリがいいんだよなパリパリが!
焼肉もうなぎも「結局、タレの味が欲しいから食う。タレ飲んでりゃいいんじゃね?」とはよく言います。欲しいもんだけ摂取派でラーメン屋に行っても「この店で一番美味いもの」を追求するあまり、店によってはおつまみメンマとビールで、メン一本食わないで帰るなどとやらかすボクですが、「食感」だけは代替しようがないのでいっくら身体に悪かろうが、この味と食感の組み合わせを他に求めようがない鳥皮揚げ系メニューは頼んでしまうのです、どんだけ身体に悪かろうとも!

しかし、
「もっち食感」とか何気なく使っているけど
食感って実はスゴいもんじゃないかと思ったのです。

塩気とか甘味とかはなんか似たものでガマンしちゃえるけど、おいしい食感の誘惑を断ち切ることなんて多分出来ないしねえ。食感を伴う「アレ食いたい」は、それそのものを食わないとおさまらないのですよ。
だから怖い。くわばらくわばら。
2010.12.0500:18

豚キムチ@FuccaFucca(高円寺)

豚キムチ@FuccaFucca(高円寺)
高円寺・ルック商店街のクレープ屋、FuccaFucca。常連未満のヘビーなリピーターみたいな頻度でよーくおじゃましています。そんでもってクレープもふもふ食ってます。もしかしたら2010年は人生で一番クレープ食った年なんじゃないかぐらい食ってます。まさかこんな歳になって、男だてらにこーんなにクレープ食べちゃうようになるとは思わなかったわけですが…。どうも「男もいてもいいんだよ」的な懐の広さがあるんですよね、ここ。酒がクレープ屋としては不自然なくらいに揃っているし、昼から飲めるし、そんでまた酒にあうクレープなんてのもあるしー。たとえばこれですよ、これ。ふっかふかの皮に包まれるのは、キムチ!豚バラ肉!マヨネーズ! およそ「クレープ」と聞いて思い浮かぶ甘~いものとは対極に位置する男臭いものばかり。この時点でウマいのは間違いないのだけれど、遠目にはクレープとしか認識出来ない見てくれのコイツにかぶりつきながらハイボールを飲んでいるという少しばかりクルクルパーな状況が面白すぎる。こんなのこの店でしか味わえないかも知れない。まさしく「ここでしか味わえない味」、これは貴重なテイストですよ!
2010.12.0417:04

サンタあんぱんまん@パン工房ポッシュ(北浦和)

サンタあんぱんまん@パン工房ポッシュ(北浦和)
野菜の水気やソースでラップがグジュグジュになった調理パン、レジのまわりに売れ残りリサイクル焼き菓子、そして菓子パンコーナーにはシベリア、三色パン、甘食のいずれかがちんまりと…。
そんな「行列ができない地元のパン屋」が好きだ。
その町の味になっているから好きだ。
で、地元でそんなパン屋はどこかと言うとここでした。実に創業50年オーバーの結構な老舗でして、この時期はシュトーレンとか置いちゃうよーな、ドイツパンの片鱗を思わせるパンも多数扱っていおります。もしやご主人はそっちで修行されたのかも知れないが定かではない。というか半世紀もの間をこの片田舎で過ごしたことで、ルーツがどうでもよくなるほどの「町の味」な品揃えになってしまっている。そのシュトーレンですら2~3日の食べきりサイズというシュトーレンの本来の食べられ方度外視のシロモノだし、おそらく味もシュトーレンではないと思う。ソーセージパンに「シャウエッセン」と名付けるところなんかはギリギリ何かを保っている感があってたまらない。そして町のパン屋には欠かせないキャラパンですよキャラパン! ドイツにはアンパンマンはいないでしょー…というか、これアンパンマンかどうかも定かではない自称アンパンマンだからなー。そんな、長い年月をかけてその町のものになった、住んでないと知覚出来ない「町の味」が好きでしょうがない。パン自体はとりたてて美味かないんだけどね! でも食ったら「あー、チクショウうめぇ!!」と声が出るのですよ、母上様。

ちなみに中身はあんじゃなくチョコクリームでした。
2010.12.0411:28

ほたるいか沖漬け@升亀(神田)

ほたるいか沖漬け@升亀(神田)
時間調整だし、イカゲソとホッピーで1000円くらいでおさめとくか…と思って入って行くものの、なんだかいつも気がつくとなんだかかんだかで紙幣を使っちゃッてる事にあとで気がつくという、ブラックホール大衆酒場、升亀。たぶん原因はですね、「今日は○○がおいしいのよ!」というオバチャンのひと声に笑顔で「うん、ボクそれ食べる!」とか言っちゃってるせいですね。飲み屋の元気なオバチャンは油断禁物ですよ!
でもまあ、この沖漬けも普通にうまかったんで…ね。不味い沖漬けにあたった記憶はないけれど、安居酒屋でよく出て来る醤油と同化しかけたような沖漬けと違って「イカ食ってる」感溢れるビジュアルだしいーんじゃない? 問題はむしろレジに行くまで値段がよく分からなかったことだよね! いやぁ、飲み屋の元気なオバチャンは油断禁物ですよ! この時も、ごらんの結構な盛りだしこれで3杯は飲めるだろうからよしとしたわけですけどね!!!
いや…そもそも時間調整のつもりだったんだし、イカゲソとホッピーで1000円くらいでおさめとくつもりだったのではないか?
まったく、飲み屋の元気なオバチャンは油断禁物ですよ!

そして暫時あって、

「はい、イカゲソおまちどー!(ちょっとサービスしといたわよ)」
そっちもくんのかよ! すいませんナカおかわり!!

繁盛店には商売上手な酒場女の笑顔あり、とはよく言ったもんですが…ほんと飲み屋の元気なオバチャンにも気を許しちゃいけねえ。たまにすげえ不機嫌なまま接客して、そのキャラをイジられたいのかなとおもってイジると本気でキレるしな!
もう大好きです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。