--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.0822:49

ザクザクチョコクレープ@ヤマザキパン

バリバリチョコクレープ@ヤマザキパン
「ふんわり」とか「なめらか」とかやさしい表現が踊るコンビニスイーツ棚の中で、異彩を放つやつがいた。その名も『ザクザクチョコクレープ』。昼休みのOLがつかの間の至福を求めて訪れる、最近ちょっとシャレオツ気味なコンビニスイーツ棚で『ザクザクチョコクレープ』。1文字も入ってないけどワイルドに砕いたチョコが間違いなく入っていることがわかる「ザクザク」の四文字(モチロン本当にザクザクのが入っている)、クレープ皮はもちろんまっ黄色、白いクリームは「ふんわり」でも「なめらか」でもないのは一目瞭然で両手にズシッとくる盛りの良さ、あまりの盛りにビニール袋の内側はもうベチャベチャ。それが『ザクザクチョコクレープ』。
食べることに罪悪感を感じさせない洒落た透明パッケージの合間に、極彩色のビニールパッケージで割り込むさまはちょっとした環境テロ行為。こんな面白いことをしてくれるのは…やっぱりボクらのヤマザキパンだった。これは空気も読まない暴挙? いやいや、ボクには…こう思えてならないんだ。彼ら、いやヤマパンはこの『ザクザクチョコクレープ』を通じて「おやつが本来誰のものだったのか」を考える機会をボクらに与えようとしているのではないか…とね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。