--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.0318:07

プリングルス(期間限定ケチャップ味)

プリングルス(期間限定ケチャップ味)
サワークリームオニオンという、それまでなかった味を「粉まみれのナビスコ」みたいなルックスとともに教えてくれたのはプリングルスだった。もう16、7年前かな、その頃パッケージに日本語なんて入ってなかったなー。ちなみに同時販売されていたチーズ味も大変にウマかったんだが、成分的になにか問題があったとかで姿を消してしまった。どうりでウマかったわけだ! そんなギリギリのプリングルス、ぼくはだーいすき。
だーいすきだったんだが!
だが!
なんだかねー、日本限定フレーバーが「うすしお」ってのが象徴的なんだけど、日本グルスは出す味出す味チキン過ぎて、過去の乱暴な味の洗礼を受けた身としては煮え切らなかったというか、なんかもう許せなかった。
プリングルスにあっさりさとか求めてないんだから、「食い過ぎるとあなたの健康を害す可能性があります」くらいでいいんです。求めてるのは小腹のレスキューじゃなくて寝起きに食って1日中ハラが減らない満腹感なんです。味とかも名前で想像できるようなもんじゃなくていいんです。あと、もっと指紋が埋まるくらい粉まみれの方がいいと思います!
そんなわけで、よく分かんない味の粉バサバサで筒の直径がでかくて速攻でパッケージがベコベコになる輸入グルスの存外なウマさの前に、どーしても見劣りしていた日本グルスですが、ついにときめくヤローをドロップ。ニューカマー、ケチャップ味!
「ケチャップ」
語感からして頭が悪くていいではないか。濃厚チーズだのなんだのといった世間の流行りを外しまくったあげく、元が野菜なのに身体に悪そうなあのケチャップだとはいい選択ではないか。ケチャップの赤色を際立たせる青いパッケージというアメリカンなセンスもクソッタレ極まりないではないかね。もうねぇ、そんなの買うに決まってるじゃない。もちろん期待を確実に裏切ってくれるのは分かってる。良くも悪くも思った通りの味じゃないのは織り込み済みさ。きっとほんのりモサモサ系。たぶんビールにも合わない味。そのくせちょとでも食い過ぎると翌朝ツラい油感。いいんだ、買った瞬間に満たされたから。持って帰ってカバン開けるまで買ったこと忘れるくらい満たされたから…さ!

え、味ですか?
満たされてっからまだ食ってませんよ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。