--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.0319:04

粉つき にっき喉飴(山口製菓)

粉つき にっき喉飴(山口製菓)
なんか飴なめてる。
仕事中なんて切らしたらヤベェーくらいの勢いでなめてる。
バッグの中には春日井の黒飴。ときに塩飴。いろいろためしてきて、結局この二種に落ち着いてしまった。
これまで経験で分かったのは、「ノンシュガーでウマいものを探す方が大変なほど、砂糖は偉大」、「直火炊きって書いてあるとたいていウマい」、「1グラム1円を下回る飴はウマい」だろうか。
そんなことボンヤリ思いつつ、パクパクペロペロチュパチュパ…ひいき目にみても飴食い過ぎの毎日を過ごしています。

うめぇ飴の基準が春日井製菓以上か以下かという話になっちゃいますが、かなり春日井と同等か少し下くらいに位置するウマさの飴に出会ってしまったのでご報告。写真のこれですよ、これ…っていっても中身がよく見えないのだがしょうがない、粉末のニッキがシャカシャカチキン以上にぶちまけられてるんだもん。このパケを開ければ、芳香とともに舞い出すニッキが物理的に鼻腔をつつく粉具合。飴なんて何色なのかわかんねーほど粉まみれ。原材料表記に「カラメル」の4文字しかカタカナがない。そんな、昔なつかしの…いわゆるバーチャンスイーツである。

いやー。
もうね。
これマジウマ。
おばあちゃんの思い出の味がする(なにかは秘密)

しかし、こういう味を「うめぇ」と感じる日がくるとは思わなんだ。ガキの時分、風邪っぴきのときに「喉にいいから」などと言われて食わされて、ものすごーくマズく思えてイヤだった記憶もあるのになぁ。
同じように昔はキライで、今になって向き合ってみたらあれよあれよと大好物になってしまったものってのはいくつかあって。たとえば「栄養たっぷりだから」で食わされてたレーズンパンとかもそうか、今や自らすすんで食うもんなぁ。味覚ってのは本当に歳をとると変っちまうもんですね。と、こういうサプライズを用意していてくれるから、ものを食うっていうのはとても面白い。面白いよ、たまらなく。

ちなみにこの飴様についても最後に。
おかしのまちおか価格で104円でした。でもって内容量は110グラム…うむ、やはり!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんゎ

写真がとにかく美味しそうに見える!

マクロがよく活かされてる画像でいいですネ♪

Re: No title

「美味しそう」とはウレシイお言葉!
マクロ好きすぎて、しばしば焼肉の網にしばらく接触してたり、気がつくと液晶がタルタルソースでふさがってたりしてますが、頑張りますよ!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。