--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.0507:05

ポークアスピック@BERG(新宿)

ポークアスピック@BERG(新宿)
2011年!
ベルクはじめのエーデルピルスはじめ、アテは何にしたものか。一杯で引き上げる予定だったのでいつもの人参ピクルスでもいいけど、お腹もそこそこ空いている。かといってレバーパテは胃袋にガツンとくる味濃度…というわけで、パゲット付きのポークアスピックをセレクト。

大失敗!

もーね、一杯で引き上げるのがもったいない、五杯は余裕のゼラチン天国よ。
年明け早々、元日からえらい失敗しちゃったよ!まいったまいったマジうめぇー!!

ここはカラダの欲求に従って…と、一瞬悩んでやっぱりガマン。で、ご飯としてゆっくり食してみたんですが…しっとりパゲットとポークアスピックの組み合わせ、結構好みかも。バターやクリチほどコクが前面にくるわけでもなく、それでもほのかに塩気と肉食感をプラス。お腹にもちょうど良くおさまっちゃうんだもん!ただし個人的にはコーヒーとの相性があまりな気がしたのでやっぱりエーデルピルスが欲しくなって、ああくそうベルク愛してる。
2010.12.2312:37

海苔トースト@珈琲専門店エース(神田)

海苔トースト@珈琲専門店エース(神田)
海外由来の調味料、特にバターって日本人はそんなにストレートに受け止められない体質なんじゃないだろうかと思う時がある。バターだけで食うよりバター醤油の方がなんかうまいし、じゃがバタの上には塩辛をのせずにはいられない。バターの風味の効きすぎた焼き菓子はうまいんだけど、一個で充分。ヤメられるし止められる。バタートーストもなんか食ってて物足りなくてしょうがない。ついついなにかもう一声と言いたくなる!
はい、海苔トー。
たっぷりバターの薄切りトーストの間に海苔が1枚。
このくみあわせ、いや取り合わせ…意外だろ?
しかしあのなコレうめぇんだわ。
ワケもなくうめぇ。
バターのコッテリ感と塩気を磯の薫りがバッチリフォロー…まったくうまさにつながる連携じゃない!のにうめぇんだわ。もちろんコーヒーと相性がいいのかどうかはギモンというか、個人的にはまったくかみ合っていないとさえ思うのだが、コイツ食って満足、うまいコーヒーは別腹で満足してるんだからお腹いっぱいで幸せじゃないか。朝はみそ汁じゃないと駄目なお父さんが、子供のパン食に合わせてパンとみそ汁で妥協する朝メシのような取り合わせかな!って言ってもまったくうまそうに聞こえないんだよね…。あーもーいいだろボクがうめぇと思ってんだからよこの野郎!!
俺以外の奴のことをどうなじろうと構わない、だがしかし海苔トーストをバカにするやつは許さん!
2010.11.1401:17

ベーコンとしめじのサラダ@ビオ・オジヤン・カフェ(下北沢)

ベーコンとしめじのサラダ@ビオ・オジヤン・カフェ(下北沢)
たしか今日みたいなこんな寒い日だった。別におじやが食いたいわけではなかったが、ランチ難民と化していたボクはこの店に駆け込んだんだ。で、別におじやが食いたいわけではなかったのでサラダを注文したんだ。じゃあ違うとこ行けって? なぁに、こちとらラーメン屋に入っても、急にラーメン腹じゃなくなって味玉とビールを頼む男さ(それについては申し訳ないことをしてしまったと思っている)
というかこのお店ですね、おじやメインの割にはサブメニューのボリュームが結構なものでサラダもしかり。上にのったしめじ&ベーコンのソテーは、塩加減がいい感じにパンチが効いていて食ってる感バツグン。レタスと一緒に食べるといいあんばい。お腹にもちょうど良くおさまり、おじやはもういいや気分に…おそらく2~3人でシェアしてちょうどいい量なんじゃないかな。
あ、ちなみにドレッシングはかけませんでした。というか、世の全てのサラダ取扱店にお願いしたいのは「サラダ」を頼んだ時は野菜が食いたいときーってのを察してくれるとありがたいかなと。わかりやすく言うと、「俺ぁ、ドレッシング舐めにきたんじゃネェんだ」。カッコ良く言うと「ドレッシングがなくとも食べてみせる…たとえこの身が砕け散るとも!」。味のついた野菜でうまいと感じるのは、しょうが焼きの汁でヒタヒタになったキャべツの千切りとかオカズのツユでベチャベチャになった弁当のサニーレタスという、望まれて生まれてこなかった系の味を好む男からのおねがいでした。いや、でもあれはうまいな。
2010.11.0920:15

和風たらもサンド@Caffe BRiO(神田)

和風たらもサンド@Caffe BRiO(神田)
ボクの愛してやまない行きつけのお店。夜もふけつつあるタイミングであらわす「酒好きだらけのクルクルパーBAR」のイメージが強すぎて、うっかり忘れていたのですが、実はカフェだった。さすがの神田オフィス街。昼の顔は極上ラテとプレッソが美味しいじゃないの! ボクには猫っかぶりとしか思えない! ラーメン、蕎麦、うなぎにお寿司とランチには困らないこのエリアにあって、意外と少ないイタリア飯が美味だったりして、猫のかぶり具合ももいよいよ本格的。短い昼休みにさくっと食えるイタリア蕎麦やイタリア煎餅もうまいんですが、ファストメニューのお気に入りがこのイタリアおやきことフォカッチャサンド。写真は和風たらもはタラコ風味がちょい強め。「飲んじゃっていいかな?」という言葉が喉まででかかるウマさなので困る。他のラインナップもハム&チーズからなんか凄い濃厚なトマトソースのやつと、昼夜兼用のニクい味わい。トドメ的にはあの焼酎によく合うことでおなじみ餡子まで完備…いやいや、これ全部ねー…普通に軽食として最高なんですよ。フォカッチャとは意外な取り合わせかも知れないあんバターサンド、これいい。蒸しじゃなくて炙りで食える餡子ともっちりパンって、コンビニあんまんとはまた違うウマさ。これは貴重な味わいですよ。こいつらが絶品ラテとセットでおおよそワンコイン。量は多いがワンコイン超えランチが珍しくないこのあたりでは、なかなかないぞ。やるな。愛してる。
2010.11.0300:32

さくさくシフォンのふわふわショート@HATTIFNATT(高円寺)

さくさくシフォンのふわふわショート@HATTIFNATT(高円寺)
最近目につく日常の一コマってやつに、「甘いものに目覚めたオジサン」というのがあるのです。たとえば、おかしのまちおかで特売チョコを難しそうな顔して眺めてたり、ファミレスでパフェをかっこみ食いしてたり、駅のお土産銘菓の試食で「味見だから」などと言いつつ丸呑みしてたり…ちょっとアレな姿な方々によく出くわしちゃうわけで。確かに甘味に関しては、酒やタバコとちがって男がたしなむかっこいい姿がなかなか描かれなかったし、「甘いものは女子供の食い物」という価値観がベーシックな世代だから、ああいった姿も不器用で微笑ましいなんて好意的に解釈しておきたい! そういうボクも、オジサン達に負けない勢いで食べ歩くジャンルの幅を少しでも広げ、甘いものも積極的にニコニコ余裕をもって楽しむべく、今日もトコトコとカフェを巡っております。革ジャンの不審者でゴメンナサイゴメンナサイと猫背になりつつ…ね!
というわけでHATTIFNATT (ハティフナット)さんにズカズカ猫背で赴いてきました! 何パーセントか女子率を下げる事になってしまいつつ!! で、店内の童話メルヘンな空気に負けないとびきりお菓子なケーキをセレクト。ご近所のかりんとう屋さんとのコラボメニューなのかな? サクサクかりんとう、黒蜜きなこ、そしてほのかにあんこ…という隠し味にして、見た目はご覧の通りの生クリーム天国なシフォンケーキ。いやあ、おなか空かせて食べた甲斐もあって胃の中のこびとさんが「もう満足でおじゃるよ」って言ってくれた。満面の笑顔でヒゲを撫でつつ言ってくれた。うん、明日からもこびとさんのために食べ歩きトコトコ頑張ろうと思ったよ…という言い訳しながら~、今日もこんなの食べてきた!(※決め台詞的に初使用)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。